気分はまさにタケコプター!Google Earth VR 使い方&レビュー

気分はまさにタケコプター!Google Earth VR 使い方&レビュー

アラジンの魔法の絨毯、アンパンマン、ドラえもんのタケコプター、ドラゴンボールの舞空術…
アニメで人が空を飛ぶシーンは様々ありますが、それに憧れたことはありませんか?

今回は、HTC VIVEでそうした飛行体験ができるアプリ「Google Earth VR」をご紹介します!
Google Earthで最初にパノラマツアーを見た方は多いと思いますが、それをハイエンドHMDで体験できるのがこちら。
最新のVRがもたらす壮大さと没入感がよくわかる、初めてハイエンドVR体験するのにぴったりなアプリです♪

こんな人におすすめ
・VR酔いをしやすい方
あまり激しく視点を動かさなければ、Google VRは酔いにくいのでおススメです。

・ドライブや散策が好きな方
街並みがかなり精密にモデリングされているので、土地勘のある方であれば
Google Earth VRを見ながら思い出の場所を探して見に行くことも可能です(※)
弊社の取締役(バイクが趣味)も、このアプリで東京の街並みを見て回りながら
「これはすごいな、何時間でも見ていられる」とかなりハマった様子でした。

※世界全部が立体的に作られているわけではありませんが、東京都内はおおよそ作られているようです。
その他の地域はPC版のGoogle Earthと同じ状態で表示されます。
(GoogleEarthで3D表示できる地域は3D表示で、2Dしかない地域は2Dで表示される)
2D/3Dいずれの表示でも、ヘッドマウントディスプレイによる没入感があるので楽しめます。

アプリのあそびかた

続いてGoogle Earth VRの基本的な遊び方をご紹介します。
遊び方はとても単純。行きたい場所へジャンプして、右コントローラーで縦横無尽に飛び回るだけ。
そのためにここでは「コントローラーの使い方(空間の飛び方)」と「行きたい地点へのジャンプ方法」の2点をまとめます。

コントローラーの使い方(空間の飛び方)ge01■右コントローラー
・Menu:アプリのメニューを開きます。あらかじめ用意された行き先からジャンプする時はこちら。
・Fly:VR空間を自由に飛び回るボタンです。このボタンは前後で切り替えがあり
コントローラーを指す方向へ近づいたり離れたり、直感的に飛び回ることが可能です。
長押しをしている間は止まることなく空間を進みますが、やりすぎると酔うのでご注意。
・Drag:コントローラー背面のトリガーがこれにあたります。右コントローラーで掴みたい地点を指し
トリガーを引きながらコントローラーを動かすと、地球全体を動かすことができます。

■左コントローラー
・先端の地球儀:この地球儀を右コントローラーのセンサーで指してトリガーを引くと、
指した場所へジャンプします。メニューにはない場所へ行きたい時はこちら。
・Hold to Save:現在地点を保存して、メニューからいつでもジャンプできるようにします。
ボタンを押してメニューの「SAVED」を開くと、保存した地点の一覧が表示されます。
・Tlit Earth UP:VR空間の2D表示と3D表示を切り替えるボタンです。
現在地点がわからない時は一度2D表示にすると、地名や建物名を確認できます。

 

行きたい地点へのジャンプ方法
Google Earth VRで世界中の景色を見る方法は、大きく2つあります。
それぞれ特長があるので、見たいものに応じて使い分けるのがおすすめ。

1.メニューから各国の観光地や世界遺産へジャンプする
ge04「旅行体験がしたい!」という方はこちら。
右コントローラーのMenuボタンからメニューを開いて、好きな場所を選んでトリガーを引くだけ!
今年オリンピックが開催されたリオデジャネイロやアメリカにある自由の女神など
誰もが知っている世界各国の有名な場所へジャンプすることができます。

 

2.地球儀から行きたい場所を選んでジャンプする
ge06ピンポイントで行きたい場所がある方にはこちらがおすすめ。
左コントローラーの先端にある地球儀から、ジャンプしたい場所を右コントローラーで指してジャンプします。

ただ、行きたい場所が日本国内の場合はまず地球儀から日本を探すのが大変なので
GoogleEarthのメニューから「Tokyo Tower(東京タワー)」を選択して東京へジャンプしてから
上空へ飛んで日本全土を出したほうが早いと思われます(体験談)

 

アプリの感想

ge05「こ、これぞまさにタケコプター!!」
ドラえもんのタケコプターを体験している!というのが、私がこのアプリで真っ先に感じた思いでした。
上空を進んでいくと最終的に宇宙から地球を眺めることもできるので、それ以上かもしれません。
現実ではありえない動き方で地球全体を飛び回る快感は、言葉に表しきれないものがあります。

また、あくまで個人的な意見ですが、Google Earth VRは「世界各国を旅行できるアプリ」よりも
「行ったことがある場所を散策するアプリ」として楽しむことができました。
昔住んだ街の上空を回っていると色々な思い出が蘇り、時間を忘れてつい没頭してしまいます。
記憶の景色と目の前の景色がリンクして、深い没入感を感じることができるのではないでしょうか。

「百聞は一見にしかず」と言う通り、これはぜひ多くの人に実機で体験していただきたいです。
技術の進化を感じることができる「Google Earth VR」アプリのダウンロードは下記リンクより可能です。
HTC VIVEをご購入の際は、ぜひお試しください♪

■アプリ名:Google Earth VR
■価格  :無料
■開発提供:Google
■アプリのダウンロードはこちら

スポンサーリンク